プロフィール

sesami

Author:sesami
為替に関するいろいろな情報を配信していきますので、皆さんも資産運用するためのいい情報があれば教えてくださいね。


投資入門


アクセスランキング


おすすめリンク


お役立ち


月別アーカイブ


RSSリンクの表示


カウント

現在の閲覧者数:

ユーザータグ


seoランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IFO注文

IFO注文とは、IFD注文OCO注文を足した方法です。


FXで資産運用をしていると、自分の予想が当たってたのに予定があってエントリーできてなかった。

ということが出てくると思います。


こういうときにエントリーから利確、損切りまで自動で運用してくれるのがIFO注文です。

エントリーの際には3つの注文を出します。



まず最初に買いか、売りかでエントリーの値段を決めます。

その後、エントリーポイントからの利確位置と損切り位置の両方を決めます。



利確、損切りの両方が設定できて資産運用には安心ですね。

IFD注文

さて、次のFX用語はIFD注文です。

IFD注文とは、まず指値注文・逆指値注文どちらかを自動で出し、さらにその注文に対して指値・逆指値の注文を自動で設定する方法です。
一度に2つの注文を出す運用方法ということです。


最初にエントリーポイントを決めて、そのポイントに対する利確 or 損切りを設定する感じです。


使いこなせれば便利です。


OCO注文

次のFX用語は、OCO注文です。


OCO注文とは、現在の価格よりレートが上昇した場合とレートが下降した場合、両方においてエントリー&決済の注文ができる方法です。

まず、現在の価格よりレートが上昇した場合は、買いであれば逆指値注文、売りであれば指値注文が設定できます。

現在の価格よりレートが下降した場合は、買いであれば指値、売りであれば逆指値の注文で運用できます。

この方法では、「新規&エントリー後の決済」のどちらかの注文が自動でできます。

なお、エントリーの際、2つ同時に注文を入れてますが、片方が約定されれば、残ったほうは消去されます。


FXで運用を行うのに大変便利ですよね、



指値注文・逆指値注文

今回もFXでの資産運用には欠かせない取引の注文方法についての単語です。



エントリーや決済の注文を、自動で行う方法。 


新規でエントリーの場合

指値注文・・・現在の価格から自分に有利なほうの値段を設定できる。
売りでエントリーの場合、現在の値段より高値を設定できる。
買いでエントリーの場合、現在の値段より安値を設定できる。


逆指値注文・・・現在の価格から自分に不利なほうの値段を設定できる。
売りでエントリーの場合、現在の値段より安値を設定できる。
買いでエントリーの場合、現在の値段より高値を設定できる。


決済の場合

指値注文・・・利益確定の決済に使われる。(自分に有利なほうの値段を設定)


逆指値注文・・・損失確定の決済に使われる。(自分に不利なほうの値段を設定)


自動で注文できるので、使いこなせるとトレードへの負担が減りますよね。。。


成り行き注文

FXで資産運用 書庫 

今回の単語は成り行き注文です。


成り行き注文とは、、、


注文方法のひとつで、現在提示されているレートの値段で、注文を行う。



これは新規注文、決済注文どちらにもあてはまります。。




 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。